スポンサーリンク
スポンサーリンク

【エクスカーションティピー/325】初心者におすすめ!5分で簡単設営!【ブログレビュー】

アウトドア

信頼と安心のコールマンから出ている「エクスカーションティピー/325」についてのレビュー記事を書いていきたいと思います。

まず何よりも見てほしいのは「アウトドア初心者」で「これから色々アウトドアグッズを揃えたいよ!」という方にはうってつけのティピー型テントです。

まず「はじめのテントは何を買おう」と悩んでいる方や「ソロキャンプがしたい!」「女性一人でも設営が簡単なのがいい」など様々な方にとってお手頃な価格で設営も簡単な「エクスカーションティピー/325」をこのブログで書いていきます。

スポンサーリンク

「ティピー型テントのメリットって?」


「ティピー型テント」の最大のメリットは「初心者でも簡単な設営」です。

ティピー型テントはとにかく「設営が簡単」で「持ち運びもラクラク」なのですが、その中でも「エクスカーションティピー/325」は特に「コンパクト」で「設営に苦労しない」のがポイントです。

では、どのくらい簡単なのでしょうか?

テントの設営方法「エクスカーションティピー」| コールマン

「ワンポールで慣れたら5分で設営可能」

ワンポールで設営できるテントなので、「インナーテントだけなら、タープよりも設営が速い」ぐらい簡単で、慣れれば5分もかからずにテントの設営が可能です。

はじめてでも「15分〜20分」もあれば設営ができて、女性一人でも慣れれば「5分」という速さで設営ができてしまうぐらい軽さと簡単さを兼ね備えています。

やはり初心者の方にはテントの設営が一苦労で、それだけで「アウトドア自体が嫌になってしまう」という人も少なくありません。

そうなってしまったらもったいないのと、アウトドアの楽しさをわかる前にやめてしまうのは非常にもったいないです。

なので、最初は楽できるところは楽をして、そこから「こだわり」を出していくとドンドン欲しいものやのめり込んでいくことができると思うので、まずは簡単で持ち運びが楽な「エクスカーションティピー/325」が入門編としては最適です。

収納サイズがコンパクトなので、「ソロキャンプ」や「女性一人でも持ち運びが楽」で、「バイクに載せる」ことも苦労なくできるサイズ感と軽量感です。

【エクスカーションティピー/325】の広さは?「大人2人〜家族4人まで使える!?」

 
「エクスカーションティピー/325」の広さは一言で言うと、
大人二人なら余裕で、家族4人で寝るだけなら十分」といった広さです。

室内は写真で見るよりも実際には広く、「大人二人なら十分な広さ」なので、夫婦ふたりでテントに泊まるなら立ち上がってもそんなに圧迫感を感じず、寝る以外にも過ごしやすい空間です。

大人3人であれば、テント内で過ごすには少し狭いかな?という感じですが、「寝るだけなら十分」といった感じでしょう。

また、小さいお子様2人と夫婦2人ならば「寝るだけ」という目的ならば事足りる広さなので、家族4人でキャンプへ行くときにもおすすめのティピー型テントが「エクスカーションティピー/325」になります。

非常に設営も簡単なので、家族みんなで和気あいあいとテントを建てることができるのも魅力的なポイントの一つでしょう。

「小さい頃のキャンプの思い出」
意外と家族団らんの楽しいキャンプでも「テントの設営でお父さんがイライラ」ということはありがちなので、今のテントが設営に手間がかかって大変だったり、重くて持ち運びや出すのが大変なら、家族みんなで楽しく過ごすためにも設営は簡単な方がよいのかななんて昔を回顧したりしちゃいます・・・(笑)

【エクスカーションティピー/325】の丈夫さは?

「エクスカーションティピー/325」は簡易的に設営できるから丈夫さに不安があるように思えますが、実際はどうなのでしょうか?

「風がなければ、ロープは特に必要ないぐらい自立する」
「風が強くても、きちんとペグを打てば大丈夫」
「夏のゲリラ豪雨でも、フライシートが耐えてくれる」

このような口コミがあり、見た目や設営の簡易さとは反対に「思ったよりも丈夫」という意見が多いようで、実際に風が強い環境でも「エクスカーションティピー/325」を使っている人は多い。

基本的に夫婦で使う方や小さいお子様を連れた家族で使う人も丈夫だと言っているぐらいなので、基本的には大丈夫でしょう。

丈夫さに不安を持っている人は「ペグ」だけ違うものに変えるなど工夫していたりもするので、実際に使ってみて不安を感じたときに「ペグ」を変えるという手段もあります。

「【エクスカーションティピー/325】で気をつけたほうがいいこと」
:基本的にはなにか外部で取り付け必要なものはありませんが、あればいいのは「丈夫なペグ」と絶対におすすめなのが、「コールマン純正のグランドシートです。

【エクスカーションティピー/325】絶対にオススメしたい「コストパフォーマンス」

絶対にオススメしたいポイントが「2つ」あり、一つは「前後にチャックがあること」、二つ目が何よりもオススメしたいポイントで「前室があること」です。

1つ目のポイントと2つ目のポイントを兼ね備えている「ティピー型テント」はなかなかなく、あったとしても「エクスカーションティピー/325」よりも手が出しづらい価格帯だったりするので、詳しく書いていこうと思います。

オススメポイント①「夏でも過ごしやすい!風通しのよさを実現する【前後のチャック】」

まず先にオススメしたポイントとして、「夏でも過ごしやすい」という点です。

やはりキャンプやアウトドアで最高のシーズンは夏で、メインで活躍するのは夏なので、何よりも「暑さを回避する」ための「風通しのよさ」は気になるところでしょう。

「エクスカーションティピー/325」はベンチレーションが多く、「前後がチャック全開」になるのに加え、「メッシュ付き」なので、虫の侵入も防げ、暑い夏でもかなり快適に過ごせるような仕組みになっています。

「秋冬、気温一桁台でも寒く感じないフルクローズ機能」

また、「秋冬の寒い時期でも快適に過ごせる」というのもポイントで、これを可能にしたのが「フルクローズ機能」です。

夏は「風通しをよくするためにチャックを全開」にし、冬は「寒くないようにフルクローズ」することで年間を通じて快適に過ごせるテントとなっています。

「他のティピー型テントだとどちらかの機能しかない?」
他の安物のティピー型テントだと「チャックが全開にならない」だったり、「チャックはあくけど、完全には閉まらない」という安物ならではの「コストパフォーマンス」の悪さがありあります。しかし、「エクスカーションティピー/325」は年間を通じてテント内が快適な環境に整えられるので、「これ一つあれば安心」と思えるティピー型テントと言えるでしょう。

オススメポイント②「雨でも過ごしやすく、テント内を広く使える【前室】」

ワンポールテントには珍しい「前室」があるのがこの「エクスカーションティピー/325」最大のオススメポイントです。

まず、前室があることで「突然の雨でも安心」です。

雨が降っても前室があることで、靴をテント内で脱ぐことができるので、「靴が濡れることがない」のは安心です。

また、前室に荷物を置けるのでテント内を広く使うことが可能で、前室があれば大人3人でもテント内で過ごすことができるようになるので、前室のあるなしはティピー型テントには重要なポイントとなるでしょう。

「【エクスカーションティピー/325】の前室の広さは?」
:まず、前室の高さは「子供は余裕で立てる」ぐらいの高さで、広さに関しては十分な広さと言えるでしょう。ものが置けて、テント内を広く使えるという点に加え、ティピー型テントで「前室あり」ということ自体が珍しいので、設営簡単でさらには前室があることで広く使えるのはかなりポイントが高いように思えます。

「最高のコストパフォーマンス」

「エクスカーションティピー/325」と同じような同価格帯のティピー型テントで「前室がある」ものはなく、同じティピー型テントで前室があったとしても同じくらいお手頃な金額で買えるような感じではないので、コールマンという安心感も含めるとこれ以上ない「ハイコストパフォーマンス」のティピー型テントと言えるでしょう。

設営が簡単で、中も前室のおかげで広く使え、ゲリラ豪雨にも耐えられる丈夫さを持ち、靴も濡れず、さらには前後のチャックは季節に応じて「フルオープンでベンチレーションが多く」「フルクローズで冷たい風を凌ぐ」最高峰のティピー型テントと言ってもいいと思っています。

特に初心者の方は実際に使ってみないと何がいいかの判断もし辛いというのが、正直なところなので、入門編で「お手頃な金額」「持ち運びが楽で、設営が簡単」「どの季節にも対応」ということを考えるとまずは「エクスカーションティピー/325」を買ってから他のアウトドアグッズを揃えていくという手順が一番確実な方法です。

また、「コールマン製」なので、安心感はもちろんですが、「コールマン製はスペアパーツ」が手に入りやすいので、初心者の方はまずはコールマンで揃えるとひとまず安心だと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました